総合コンサルファームからデジタリフトへ。「専門性+マネジメント能力」を兼ね備えた人材を目指したい

今回インタビューしたのは、中里拓也(なかざと たくや)さん。
中里さんは、SIer、総合コンサルティング会社を経て、2019年12月にデジタリフトに入社しました。
中里さんに、デジタリフトへ入社を決めた理由やコンサルタントとしての仕事内容や心構え、今後の目標などを聞きました!

中里 拓也(AE Div)
SIer、総合コンサルティング企業を経て、2019年12月にデジタリフトに入社。
現在は、レポーティング報告や運用改善・新規施策の提案など、既存クライアントのフロント対応を中心に、新規クライアントとの商談や運用実務などを幅広く担当。

クライアントのマーケ領域に深く関われる点に魅力を感じ入社を決意

デジタリフトへ入社するまでのご経歴を教えてください。
1社目は国内大手SIerのグループ会社で、クラウドプラットフォーム製品のテクニカルサポートの現場管理者として、現場の業務改善や業務効率化を中心に行っていました。

しかし、現場の裁量で仕事できる範囲が少なかったので、アイデアを直接クライアントへの提案に活かせる環境で仕事をしたいと考え、総合コンサルティング会社へ転職しました。

総合コンサルティング会社ではどんなお仕事をされていたんでしょうか。
ITインフラのコンサルタントとして、基幹業務パッケージソフト・SAPを導入しているクライアントを担当していました。システムの運用・保守がメイン業務で、クライアントからのシステム変更要望があれば、コンサルティングも行っていました。

ただ、配属された部署は、手順書作成やトラブルシューティングなどのルーティンワークが大半で、コンサルティングに携われる部分が予想以上に少なかったんです。もっとクライアントへの提案に深く関われる仕事をしたいと思い、転職を考えるようになりました。

どういった軸で転職先を探していたんですか?
デジタルマーケティング関連の企業を中心に、転職先を探していました。
もともと個人的にブログやSNSで、洋服など自分が好きなものに関するコンテンツを発信していたんです。「どんな内容にすれば反応があるかな?」と考えることに面白みを感じていました。

そこで、本格的にWebやソーシャル上で数字を伸ばすような仕事がしたいと考えるようになりました。具体的には、広告運用の代理店やMAツールのベンダー、その他コンサルタント職など見ていましたね。

デジタリフトに入社を決めた理由を教えてください。
広告運用をただ担うのではなく、デジタルマーケティング全域に及ぶ広い視点で、企業のCMOをデジタルの側面から支える存在「CdMO(チーフ・デジタル・マーケティング・オフィサー)」を目指している点に魅力を感じました。

広告運用の枠を超えた新たな戦略「CdMO」とは?広告業界の未来を担う、さらなる領域にデジタリフトが挑む。

しかも取り扱う媒体が幅広く直接契約のクライアントが多いので、自身のスキル次第でクライアントのマーケティング領域に深く関わっていけるとも感じました。ここなら型にはまらない仕事ができ、自分の実力を伸ばせると思い、入社を決めました。

クライアントからの「面白そうだね!」が大きなやりがい

現在はどんな業務を担当されていますか?
メインは、既存クライアントのコンサルティング業務です。レポーティング報告や運用結果に伴った改善、新規施策のご提案などを担当しています。また、新規のクライアントとの商談や、スキルアップの目的で運用実務も担っています。

入社してまだ4ヶ月程度ですが、かなり手広く多様な業務に携わらせてもらっています。クライアントの業種もさまざまです。多面的にデジタルマーケティングを捉えることができるので、全体的なスキルの底上げになっているなと感じますね。

入社当初、大変だったことはありますか。
最初のうちは、覚えなければいけないことが大量にあるのが大変でした。コンサルティング経験はあったものの、デジタルマーケティングに関する知識はあまりなかったので、用語をはじめ媒体の種類や手法など、多岐にわたって知識を学ぶ必要がありました。
扱う媒体数や手法が幅広いと、キャッチアップが大変ですよね。どのように勉強しているのでしょうか?
媒体の管理画面をひたすら触るようにしています。色々な機能に触れて、わからないことがあったら調べるのをひたすら繰り返す……という感じですね。
あとは、デジタルマーケティング関連のWebメディアやブログ記事を見たり、本を読んだりしています。

勉強をする際には、会社の本棚がひとつの指針になっていますね。マーケティング関連書籍がたくさん置いてあるので、ジャンル問わず幅広く読んでいます。まずは横断的に知識を頭に入れておき、日々の業務にあたる中で点を線に繋いでいくことで、学びを深めています。

クライアントに向き合う時は、どんな点に気をつけていますか?
最終的な目的は何か、を常に意識するようにしています。たとえばSNS運用であれば、「フォロワーを増やす」という短期的な目標の先には、「ファンを増やして売上に繋げる」という最終目標があります。目の前のことだけではなく、最終的な目標を達成するのに必要なものは何かという視点を忘れず、仕事にあたるようにしています。

あとは、クライアントの言葉から真意を読み解くことも、意識している点ですね。漠然とした課題感をクライアント自身が言語化できていないケースもあるので、ヒアリングを重ねる中で、クライアントの真意を引き出せるように意識しています。

クライアントからの言葉で、これが嬉しかった、やりがいを感じた……というものは何かありますか?
SNS投稿で、こんな投稿やキャンペーンをやってみませんかと提案したときに「面白そうだね!」と言っていただけたことですね。自身のアイデアがクライアントにとって意外性のある提案につながり、それが受け入れてもらえたときは率直に言って嬉しいですし、やりがいを感じます。

求められるのは、ロジカルシンキングと仮説思考

入社前後で、ギャップに感じたことはありましたか?
入社4ヶ月でこれだけ幅広く、裁量の大きい仕事を任せてもらえるとは思っていなかったので、その点はいい意味でギャップを感じました。

面接時から「アパレル系のクライアントを担当したい」と伝えていたところ、入社後すぐにアパレル企業の担当を任されました。ナショナルクライアントもどんどん任せてもらっていて、決裁権を持つ方に直接ご提案をする機会も多いです。

「やりたい仕事ができます」という謳い文句が求人に書かれていても、実際は思うような仕事ができないケースも多いですよね。でもデジタリフトの場合は、本当にやらせてくれるんだ、と驚きました。

前職での経験などで今の仕事に繋がるスキルを持っていたから、という部分はあるかもしれませんね。
とはいえスキル不足を実感する場面も多く、たくさんの方にサポートをしてもらいながら、ひとつずつ学んでいる最中です。

あとは、マーケティング業界はどちらかというと賑やかな印象で、個人的にはそこが少しネックでしたが、デジタリフトは落ち着いた雰囲気の社員が多く、そこもいい意味でギャップを感じた点です。

だからといってドライなわけではなく、どの社員も「困ったことないですか?」と気軽に声をかけてくれますし、質問にも丁寧に答えてくれます。わたしにとってはちょうどいい空気感です。

仕事をする中で、コンサルタントにはどんな能力が求められると感じますか?
ロジカルシンキングと仮説思考ですね。
課題を因数分解して切り分けてひとつずつ潰していき、着実に解決につなげることが重要です。その際に必要な能力が、ロジカルシンキングです。

仮説思考については、データや根拠に基づいた仮説を立てるのが重要です。
運用結果をもとに「こうすればより良い結果が得られるのではないか」と提案するパターンが多いので、データに裏付けされた仮説を用いて、クライアントの納得感が得られる提案をするのが大事だと思います。

知識やスキルがある人にとって、刺激的でやりがいある環境

中里さんの今後の目標を教えてください。
短期的な目標としては、今年中に「SNS運用と言えば中里に聞け」と言われる存在を目指したいです。
担当しているクライアントの多くはSNSを利用しているため「SNS運用の分野で頼られる存在」をまずは目指そうと考えています。

中長期的な目標としては、SNSマーケティングと広告運用のどちらも理解し、要件定義から設計、運用まで、クライアントのデジタルマーケティング領域全体をコンサルティングできるようになりたいです。

また、ゆくゆくは後輩の育成や管理にも関わっていけたらと思っています。専門性を持ちつつ、マネジメントもできる人材を目指したいですね。

どんな人だったらデジタリフトで活躍できると思いますか?
「一つのアクションに対して考え抜くことができる人」です。
デジタルマーケティングは正解がない領域なので、間違うことを恐れずに考えながらアウトプットを繰り返すことが大事なんです。

また、施策を通して得られた結果に対して、あらゆる観点から考察や推定が出来る、そういうことを考えるのが好きな方は、活躍できると思いますよ。

最後に、デジタリフトに興味がある方へメッセージをお願いします!
デジタリフトは、自身の知識やスキルがあれば、すぐにでもクライアントのデジタルマーケティングに深く携われるフィールドが整っています。

現在デジタルマーケティングでコンサルティングをしているものの、物足りなさを感じている人にとっては、とても刺激的でやりがいのある環境だと思います。

「自分のスキルを活かせる環境で働きたい」「自分の力で会社を大きくしていきたい」という気概がある方に、ぜひ入社していただきたいですね。お待ちしています!

社員インタビュー一覧

  • AE Div チームリーダー佐々木 崇典

  • 宮崎支社責任者野津手 俊幸

  • Webエキスパート/AE朝長広樹/原田優希

  • AE Divマネージャー青島 知彦

  • 取締役・AE Div統括鹿熊 亮甫

  • 代表取締役百本 正博